<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
お留守番鳥。居眠り犬。
フレンチブルドッグを飼う。つまり犬を飼う。
その思いが固まりだしたのは2年ほど前だろうか。
犬を飼った事のない私は、うららを迎える前に様々な疑問や不安を抱えてネット上を彷徨っていた。
いちばんの不安は「お留守番はさせられるのだろうか。」という事。
今では両親のもとで暮らすうららだが、私の手許で育てる事になる可能性も考えられなくはなかった。
でも仕事を持つ身でお留守番をさせるとなると、最低でも10時間。
それを毎日させるのは到底無理だという事は調べなくてもわかる。
そしてセキセイインコのぴぴちゃんが亡くなってしまってからは、一層その思いが強くなった。
ぴぴが亡くなったのはお留守番のせいではなかったけど、
私が仕事に疲れて帰宅すると、玄関のドア前から気配を察し、
「ぴいいいっ!ぴいいいっ!」と大きな鳴き声で迎えてくれたぴぴちゃん。
その鳴き声が嬉しそうに聞こえれば聞こえるほど、迎えられる喜びを感じる反面、
そのお留守番が寂しいものだったのではないか、と可哀想に思えたりしたものだった。

ネットで色々リサーチしてもだらだらと時間が過ぎるだけで解決しない。
やっぱり百聞は一見にしかず!と
フレンチブルドッグの専門ブリーダーさんのお宅にお邪魔して、
実際のフレンチを触らせてもらい、色々な質問をさせていただいた。
(この時、うららを見せて頂いたのに、あまりにも生まれたてでちっちゃかったので、
触らなかった事を今激しく後悔している。写真も撮らず
どっちかというと終始成犬のほうに見とれていたフシあり。)

専業主婦である母に毎日の世話を頼む事になるとは思うが、
母だって出かける時もあるし、この先パートに出る事も考えられる。
→お留守番をさせても大丈夫な犬なのか?
広いとは言えない家で扱える犬の大きさは限られている。
→成犬は実際どのくらいの大きさになるのか?
どちらかというとインドア派の私の家族。
→どのくらいの運動量が必要か?
フレンチブルドッグは私の家族の一員となり生涯幸せに暮らす事のできる犬種なのか?

お聞きしてわかったのは、
フレンチブルドッグは賢くて、とても愛情豊かな犬。
暑さ寒さには敏感で、特に夏はエアコンの効いた部屋ですごさせたほうが無難。
夏の冷房費は覚悟しておいたほうがいい。
運動はメスならそんなにしなくてもいいし、むしろ長時間の運動は苦手な犬種。

あと、おならがめちゃめちゃ臭い。

という事だった。
おならが臭いのは嫌だが、始終ぶうぶうこいてるわけでなし、なんだか飼えそうな気がした。

留守番についても聞いてみる。
フレンチは甘えん坊な子が多いので、いつも人間が何かしているそばに寄り添うような環境がやはりもっとも望ましいのだけど、ある程度どのような環境でも乗り切る器量があるので、きっちり世話をしてやっていれば多少のお留守番は全然大丈夫との事。
ううう~ん。これは微妙だ。。留守番は大丈夫だけど、甘えん坊とは。
少し困惑する私。
「でもねぇ…。寂しいとかはあんまり心配しなくてもいいと思いますよ。実際。」
ブリーダーさんは犬を見つめながら言葉を続けた。

「大概寝てますから。この犬は。」


それから2ヶ月後、我が家に家族として迎えたフレンチブルドッグはよく眠り、
育ち尽くした今も大概寝ている。
そしておならはやっぱりめちゃめちゃ臭かった。



okaeri.jpg
日本一のお留守番鳥 ぴぴ

nemu3.jpg
うちに来てすぐの頃。 ほとんど行き倒れ。

nemu4.jpg
5ヶ月くらい。お気に入りのガアガアちゃんと眠りこける。

nemu5.jpg
ホラーの館

nemu1.jpg
頭が重いらしい。。

nemu2.jpg
う「ん?ああ、おかたん後ろ通るのん、気にせんと通ってや。」
私「ちゅーか、それ首が痛くて熟睡できなくないか?」



スポンサーサイト
この記事のURL | | comments(0) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。