<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
猛犬うららとピクニック
仕事を退職をして以来、暇をもてあます父。
気候も良いので、休日には何かと言うと「うーちゃん連れて弁当持って公園いこか~いこか~。」とか言ってくる。
その一週間前に家族4人とうららで鶴見緑地へピクニックに行ったのだが、犬連れのピクニック初体験の父は、その楽しさに味をしめたらしい。
平日に母と二人で行ってくればいいやん、と思うが、もうすでに二人と一匹で平日にも結構行っているらしく、父のデジタル一眼には緑を背にしたうららが山ほど写っており、父的に飽和状態なのが伺えた。暑がり寒がりのフレンチを連れて出かけられる日は限られているし、せっかくのお日和、私も一緒に出かける事にした。

実家の近くには淀川があり、河川敷には広々とした公園が数カ所ある。
木陰を見つけてシートを敷き、持参したお弁当を広げ、心地良い秋の空気を味わう。
回りには、バーベキューをする家族連れや、バトミントンを楽しむ若者、ボール遊びをする親子、そして鶴見緑地ほどではないが、犬を散歩させる人々。皆それぞれがこぞって青空の下へ集うほど、その日の天気は最高だった。
ヒートが始まってしまったため、オムツカバーを付けたうららは、先日の鶴見緑地の時に比べると妙にフニフニとしていてやはり足取りが重い。それでも心地良い陽射しの中、シートの上にオスワリをしておやつ(炒りハトムギ)をもらい、カリカリと歯音をさせながら嬉しそうに食べ、うららなりにまったりと過ごしていたようだった。

その時事件は起きた。
私はおにぎりを頬張りながら、うららに装着していたロングリードの持ち手を尻の下に敷いていたのだが、30メートル先に、お散歩中のミニチュアダックスちゃんが見えた途端、何を思ってかうららが急にそちらへ向かってたぁ~~ッ!と走りだした。
無鉄砲にダッシュするうららちゃんを初めて見た~!…などと言って眺めている場合ではなかった。
急いでリードを持ったが、ボタンを解放状態にしていたため、シャアーーッと勢い良くヒモが伸びてゆき、咄嗟にヒモを掴むも、指を火傷しそうになって「熱っ!」とひるんだ瞬間リードの長さが最長になり、パァン!と持ち手を持っていかれた。ロングリードを引きずってもなお目標へ突進していくフリーうらら。
30メートル先では飼主さんがしっかりとダックスちゃんのリードを掴んでおられたが、うららに突進してこられた怖さで固まっている様な感じだった。当のダックスちゃんはというと、近付いてきたうららに必死で威嚇してワウッ!と吠えかかっていた。何故威嚇されるのか全然理解出来ず、近付こうにも近付けずに「な、なんで!?アウアウアウ。」状態のうらら。そこへ私が駆けつけうららをひっ抱えて「どうもすみません!」と開口一番詫びを入れると、相手の飼主さんはムッとした口調で「ハイ。」とだけ答えてその場を立ち去った。

心の中でもう一度詫びた。
こんな黒くて怖い顔をした知らない犬がいきなり全速力で向かって来たら私だって怖い。

うららは普段他の犬に自ら寄り付いたりした事がなく、この時のように、飼主以外の対象物に全速力で突っ走って行く事など今まで全くなかったのでついつい気を緩めてしまった。
フレンチ独特のあのイノシシの様な突進は全く攻撃性のあるものでなく、逆にその懐っこい性質がそうさせるもので、私ら飼主から見ると「アヒャヒャヒャヒャ~~~!」ってものすごく嬉しそうな顔で走っているだとわかるが、他犬種の飼主さんはあのハジケた口裂け顔を逆に怖いと思うだろう。
もしダックスの飼主さんがリードを離していたりしたら、ダックスがうららに噛み付いていたかもしれない。それでも文句は言えない。

やるせない思いにかられながら父と母のもとに戻り、食べかけのおにぎりをさっきより少しテンション低めで食べていると、横で母がうららの頭を両手で掴み、顔を近付けて「うーちゃん、なんで走って行ったの?ゆうてみなさい。」と何度も脳天着な口調で問いただしていた。

今回の事は私がしっかりリードを持っていなかった事が100%いけなかったのだが、大人しいと思っていたうららが飼主以外にも突進かましたりする可能性があると分かった以上、「マテ」の訓練を強化しつつ、当分は父の(正確にはうららの)得意技、フリー状態での「ロングマテ&コイ」は、封印する必要があるかも。

などと、考えている矢先、父が得意技のそれを披露すべくうーを50メートル先まで連れていってしまった。
父は自分の命令「マテ」を辛抱強く待つうららと、一生懸命自分に向かって走って来てくれるうららの2セットが大好きなので、この得意技を止めるつもりは毛頭ないらしい。
困ったなぁ、何と言って止めさせたらいいのかな、と思っていると、50メートル先でこちらを見て待っているうららにやっと「ヨシコイッ!」の命令が父から出された。
ところが父のテンション高めなコマンドに相反し、私たちの元にやってくるうららは、逆に私たちが「ロングマテ」状態になる程トロかった。ヒート中とはいえ、ダックスに向かって遁走したのを見たばかり。

今ポソポソとこちらへやってくるあの犬は

さっきのと同一犬か!?


と、疑いたくもなる程のやる気のない走りであった。

やっとこさ私らの元に到着したうららに、ごほうびのおやつをあげながら、また母が、「うーちゃん、なんでそんなゆーっくり走ってきはったの?ゆうてみなさい。」と問いただしていた。

先ほどのダックスに吠えられた事で、多少ショックを受けていてのテンションダウンだったのかもしれないが、早く走れば怒られ、遅いと失望され、犬にとってみればかなり腑に落ちないことではある。


20071224124805.jpg

うらら初ピクニックの鶴見緑地にて。うれしそう。


20071224124658.jpg

ピクニック名物おにぎりをちょっとだけおすそわけ。


20071223165016.jpg

初めて写真を撮らせてもらったよそ様のフレンチブルちゃん。
ボブ君。大きな頭と脳天の黒チョボが可愛い。



20071223174547.jpg

うららにご挨拶をさせてみようと試みるも、例によって例のごとく…。
ボブ君はちゃんとうーに顔を寄せてくれたのだが、
私達が話をしているそばで、人間の男の子たちがボール遊びをしていたため、
そのボールが気になってしょうがない。
ボブ君の飼主さんは「ボール、ボール近付けるな、ボール気をつけな。。」と
始終ハラハラしておられた。

20071223165035.jpg

とうとうボールが転がって来てしまってがぶり寄り状態に。
ボブ君はボールが大好きで、一度持つとちょっとやそっとでは離さないらしい。


20071223165053.jpg

うーのボールをあげてみるともう夢中。
このボールに普段見向きもしないのに、他のワンコが持つと急に気になりだす卑しい系うらら。
ボブ君はこの後、1メートル級の素晴らしいハイジャンプを見せてくれた。
フレブルの男の子は、うららとはまるで別犬種のよう。パワフルで陽気でとにかく楽しい。


20071223174528.jpg

花博のシンボル塔とうー。父がオスワリさせている変な構図。



20071224124732.jpg

初めてのピクニックで疲れて車内で眠りこけるうー。



20071224124749.jpg

別の日、家の近くの淀川河川敷公園にて。花と全く調和しない強面うらら。


20071224124844.jpg

「あ!あれはうーのおとたんとおかたんでないの!」と言いたげに立ち止まるうー。
どうやら家族の識別は出来ているらしい。


すっ飛んで向かって行く程好きかどうかは別にして。
20071224124823.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | | comments(2) | top ▲
鳥の正面顔
以前お伺いした、めっさ素敵な雑貨屋「fabbrica」さんのブログにて、
大変おもしろいものを紹介しておられた。magmypic
サイトの備考欄に好きな画像を入力すると…

うーvogue

うららモデル使用、「わんこ版ヴォーグ 秋のファッション大特集」な表紙が完成する。
憧れの職業、一流エディター気分がちょっとだけ味わえたりもする。(入力するだけだが。)

雑誌のタイプは数種用意されているが、
なぜか私のマシンでは、2種しか表示してくれない。
うーsports

こちらはスポーティうらら


せっかっくなので(何がや?)ぴぴちゃんもやってみた。
ぴぴvogue

ヴォ-グぴぴ
こうやって見ると、鳥の羽毛ってすんごいラグジュアリー。

こんな表紙の雑誌があったら、とりあえず中身は見ずにレジに持って行くだろう。

余談であるが、鳥の正面顔を眺めていると、何かしら癒しの効果があるような気がする。
ぴぴちゃんを飼っていた時、事あるごとに、手に載ったぴぴちゃんを顔の前に持ってきて、
正面顔を眺めていた。
目が鼻のほぼ横についててアゴがなくて、頭がまんまるな可愛いぴぴちゃんに、
仕事の愚痴を聞いてもらったりしたものだった。
たまに相づちを打つように「ぴぃ」とか鳴いてくれたりもして。
「うんうん、そら、アンタや無うてソイツが悪いで!」と言ってると解釈し、
心がすうっと軽くなった。

このように向き合っている時、実は鳥はこっちを見ていないのだけど。(爆)
見ていないというか、この場合、私は死角だったりするのだけど。(爆爆)

動物と暮らすと、都合のよい自己解釈能力がアップすると思う。


ちなみにこちらのぴぴちゃんは間違いなく私をガン見している。
見返りぴぴ



そして鳥の正面顔と言って忘れてはならないのが、
ダウンタウン「絶対笑ってはいけない温泉宿」でデビューされたこの方。

五代目 ジュウシマツ住職

五代目 ジュウシマツ住職


はじめて見た時、ありえないくらい涙流して笑った。
鳥の正面顔が世界基準に(何のや?)なりそうな勢いだった。




この記事のURL | 深読み | comments(9) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。