<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
プリキュアうらら
なななんとJPG



随分前の事だが、近くの魚屋さんに行く母と一緒に、うららをつれてお散歩に行った。
その魚屋さんは、水産会社が午前中卸しをやって、午後から小売をやるという形態の店で、たくさんの新鮮なおさかなが安く買える。店というより倉庫といった感じの店にはひっきりなしに人やら車やらがやってくる。
店の中でお買い物をする母を、うららと一緒に店の前の駐車場で「おかたん遅いねぇ。」と言いながらボォ~ッと待っていたところ、2人の若いお母さんにつれられた子供達が5人ほど店からわらわらと出てきて、うららを見るなり「かわいい!かわいい!わんちゃん!」と、駆け寄って群がって来た。小さな子供が大好きなうららはブブブブ言って嬉しそうにしていたが、これほどまでに群がられた事がないので、飼主の私が結構ドキドキして、うららのリードを短く持ち直していた。
二人居るうちのひとりのお母さんが、子供たちに「こら、さわってもいいですかって聞いてからでないとダメだよ~。」と言ってくれた。
子供というのは、5人いれば5人5様で、うららをしきりに撫でたり、抱っこしようとしたりする子もいれば、ちょっと距離を置いて用心深く眺める子もいる。
私が小さい頃は犬が怖くてうららみたいな犬はゼッタイ触れなかったな~、などと考えていると、不意に

「この子なんて名前~?」と聞かれた。
「…う ら ら 。」と答えると、一斉に子供の口から
「うららやって!うらら~! プリキュア!!プリキュア~!!プリキュア~~~!!

(プリキュアてあのアニメの?え?)と戸惑ったが、子供達は急にテンション高めのプリキュア合唱を始めてしまい、聞くとまた収集つかなくなりそうなので、こわばった笑顔のまま「そうなん。フフッフフフ。へぇ~。ほなバイバイね~。ありがとうね~。」とプリキュア言われた黒い犬を引っ張って、ちょうど買い物をすませて出て来た母と一緒にその場からフェードアウトした。


帰ってから調べたら、プリキュアって私が知ってるのは二人体制だったのだが、今じゃゴレンジャー式に増えているらしかった。そしてその増えたメンバーの中に、居た。


キュアレモネード 春日野うらら
↓↓↓
body_lemonade.jpg

(C)ABC 東映アニメーション

ちなみに彼女のキャッチコピーは 「はじけるレモンの香り」

ああ、この事を言ってたんだなぁ、と納得はしたが、
キュアレモネ-ドと犬のうららとのイメージの格差が激しすぎ。

はじける


一緒なのは名前だけなのに、それでもあれだけ喜ぶんだなぁ~。と、子供たち特有のアニメへの傾倒っぷりに驚きつつ。

しかしプロフィールを読み進めていると、キュアレモネ-ド春日野うららは、常に食べ物の事を考えているほど食べる事が大好きな大食いアイドルだという設定に大笑い。

うちのうららさんも、
あたまのなかは



そういえば、最近ヒラヒラのプリティなお洋服を調達したばかりなので、
いちご服

これで「ピュアいちごみるく」とでも名乗ってもらおうか。

いちごみるくjpg

 ……嫌だそうです。


しかたない、うららは正真正銘の女の子ではなくなってしまったのだから…。
↑これが一応巻頭で言ってた衝撃の事実。

うららは5月7日に避妊手術を無事終えました。
えりざべす

手術から帰ってきた日はこんな状態で痛々しかったのだけど、
エリザベスに黒マジックで「必ず返却してください、お願いします」という病院の少々「泣き」とも感じられる但し書き入りなのが笑えた。返さない人がいるのですね。うちは返しますのでご安心を。

日帰り手術だったので、2日くらいボーッとして
あんなに大好きだったたべものを全く何も食べずに、家族(特に父)をハラハラさせてくれました。
でももう今はほら、こんなに元通り。

P1020746.jpg


フレブルうららは、ちょっと最近女の子の部分は減ったけれども、
やっぱりプリキュアうららと同じく、あたまの中はたべものの事でいっぱいな
かわいい女の子です。
20070415183526.jpg



ぴぴちゃんかまんといて
スポンサーサイト
この記事のURL | | comments(16) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。