<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
法隆寺と生肉 (お誕生日の一日の詳細)
10月10日、お誕生日の記念に、奈良の法隆寺へ行きました。
目やに

またまたご無沙汰しております。
10月10日のうららのお誕生日の詳細をアップする~アップする~と勝手に言っておきながら、
もう2ヶ月も経ってしまいました。
先月は恒例の和歌山ブヒオフにも参加し、その記事をアップせねばならないところですが、
(これもすでに1ヶ月前のおもひで。)
誕生日のほうを後からというわけにもいかず。
もしよかったら流し見る感じでいいですのでどうか見てください。(なぜか懇願状態)



法隆寺の中は特に犬が駄目とも書いてなかったので、一応カートに乗せて移動してみた。
こんな感じで。
カート後ろからうー


夢殿前
カートに乗せてフタを閉め、顔出しをしてなければ、夢殿の中もフツーに入れたっぽいが、このカート、
うーが以前、密封時中から力任せに出ようとしたため、ファスナーと留め具が破損し、
閉まらなくなってしまったので、カートとかバギーとかいうおしゃれなものというより、
ただの「車輪付き犬乗せ台」となってしまい、
夢殿の中にうーを入れるのは断念。
仏像鑑賞には特に興味のない母が外でうららと待ってくれていたが、
カートバッグがもう留め具破損どころの騒ぎではなく、形崩れしてきている事に気付いた。


かーとふんしゃぎ
両親がうーとのおでかけを楽しみにしているので、カートは必須だから新しいのを買おうと決意した瞬間。


カートですねすね
お寺の中で犬を歩かせて、この先この寺が犬の出入り禁止になってもいけないので、
かわいそうだが、うーには一切地面を歩かせなかった。
しばらくは降りたそうにしていたが、かなり時間が経ってやっと無理だとわかったらしい。
気がつくと、中で拗ねていた。
とりあえずもう放っといてそのまま散策していたのだが、
作務衣を着た社務所の職員の人がカート入りのスネ犬を見つつこちらに近づいてきた。
「あ、犬の事でなんか言われるのかな」と身構えたところ、
「わんちゃんはお世話が大変ですね~。でもここまでしてもらって幸せですね~。」と、静かに優しく言われた。
母が「そうですね~、手かかりますけどね~。」とか適当に言ってて、
私も、この寺はペットに優しいんやな、と思っていたのだが、後で妹が、
「あれ、うーの事病気の犬と勘違いしてはんで!」と。

どうやら病気で動けないかわいそうな犬をリヤカーに乗せて寺参りしている家族と思われていたようだ。



病気の犬と勘違いされるほどうちひしがれた(スネた)犬をリヤカーに乗せてただ歩き回るだけの旅も早々にひきあげ、
恒例の焼き肉パーティーを家で行う事にした。
あふれる期待
手作りの三角帽子をかぶらされ、あふれる期待に胸おどらせるうー。

なま肉
グラム800円以上する高級和牛を生のまま。
基本辛気くさい顔つきのうーの顔がいちばんきらきらと輝く瞬間である。

生肉2
室温でアブラ部分が融けるほどサシの入った人間用の牛刺しも、コマンド入れてからちょっとあげる。
(うーご飯全部平らげたあと)
生肉のためなら何でもする気合い十分のうらら。


プレゼント
プレゼント。妹と私の夜なべ合作、不思議な形の手作りボールが登場。
音も鳴るよ~。

きゅっきゅ
生肉に夢見ごこちなうーだったが、ぬいぐるみの音を鳴らすと我に帰る。
なぜか母があわててフレームイン。

かみかみ
よろこんでくれているようです。


ぎゅうぎゅう噛み
こうなったらもう破壊直前なのでとりあげます。


うさぎちゃんが
マテをさせています。あげてから5分も経ってないのに、うさぎちゃんの耳がもうありません。(泣)


ここで、一つ前の記事の一枚となります。ケーキタイム。
まだあるし
半分食べたところ。人間用なので、もうそれ以上はあげられへん。


テコでも動かん
年を取るごとに、だんだんあきらめが悪くなっていってるように思う。

うーちゃん、今年のお誕生日も無事迎えられましたね。
ずっとずっと元気で、これからも楽しく一緒にくらしましょうね。


あごのせ2連発


あごのせは直そうね。

スポンサーサイト
この記事のURL | | comments(14) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。