<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
いぬのさんぽその2
うららのお散歩は基本的に週末の土日だけ。
家の中ではお留守番の時以外は放し飼いなので、
狭い家ではあるが室内では、本能か?と思うほど自主的に運動しておられる。
特に朝はうららのドドドドドドッ…という足音で目覚めるほど。
朝食前に居間でまったり横になっていると、
隣の部屋からキラキラした目(顔は無表情)で
こちらを見て構えてる犬が。あれは私のびびり犬うらら。
と、びびり犬はいきなりこちらにむかって突進してきて、
ゴムマリのような身体をドイ~~~ン!!と体当たりさせてくるのだ。
結構な衝撃に「わっ!?何?」と驚く私を後目に、
スタスタともとのスタート地点にもどり、そしてまた突進ドイ~~~ン!
遊んで欲しくてやってるのだろうが、とても痛いですのでおねいさん遊ぶ気失せます。
その元気、お外で発揮してくれませんか。

雨の日の多かった週末の貴重な晴れ間、
「うー。おさんぽいこうか」と言うと慌ててケージに入り出て来なくなるのもお約束。
妹が小さい頃友達の家に行き、その家で飼ってる犬を見せてもらった時、
「さんぽはいつ連れて行くの?」と聞いたら、友達が慌てて「シッ!さんぽって言うたら犬が散歩に行くんやと思って喜んで興奮するから!」と言われたというエピソードが微笑ましく、犬って言葉を理解するんだという驚きと共にずっと憶えていた。
「確かに言葉は理解してるけど肝心のところが逆やん。」
イヤイヤ状態のうららを無理からにひきずり出して、首輪とリードを装着。
いつになったら私の夢を叶えてくれるのかな。もしかしてずっとこのまま?
しかし何人かの犬飼い先輩たちのアドバイス通り、そんな心配は杞憂となる。
今週は20メートル、先週は50メートル、昨日も50メートル、今日は100メートル。
ゆっくりではあるが、ちょっとづつ歩ける距離が増えていった。


「お散歩イヤイヤ。」img20060426.jpg
この記事のURL | | comments(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。