<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
る犬うららはじめての九州その3
おとたんじじたん

「あっちのほうにうーのおとたんとじじたん(犬)がいるの。。」
北九州のおばの家を出て車を飛ばす事1時間半、分家の叔父の家で他の親戚と合流待ち。
ここから車で20分くらいのところにうららの父犬と祖父犬が暮らす犬舎「VIVID TREASURE JP」があるので、この期にぜひとも訪問しようと思っていたのだが、時間的に難しく断念した。次の機会にはぜひ伺いたい。


A美とうー

法事の食事会へ近くのグリンピア施設へ行くも、お座敷に犬はNGの為、うーとハウ、いとこたち数人は早々に食事をすませ外のテラスへ移動。
うーを抱いているのはいとこのA美なのだが、それこそ20年以上前、私は写真のうーのように小さかったA美をこのように抱っこしていた。時の流れは恐ろしいと思いながら撮った一枚。


川が。。

私達が小さい頃から水遊びを楽しんだ川。田舎の家の真下にあり、昔は浅瀬になっていて、私ら子供がこの川で遊ぶ間、大きな石の上でばあちゃんが洗濯をしながら見守ってくれていたものだった。
2年ほど前の台風のせいで、水遊びが出来ない地形になってしまっていた。


地鶏屋

分家の叔父の家から車でしばらくけもの道を走ったところにある、バンガロー風の炭火焼き鳥屋で昼食。これがもうしばらく忘れられないほどの絶品! 
そしてうららとハウはというと。。


に、肉ばくれんの

この店には黒ラブが放し飼いでうろついていて、店の方も犬が大好きらしく店内のテラスに入れてもらえた。ほかほかでじゅーしーな焼き鳥を皆と一緒に食べさせてあげる事ができた。食の細いハウも焼き鳥は美味しそうに食べる。
しばらく焼き鳥と生ビールに舌鼓を打っていたところ、また分家の叔母に「うららちゃんな、うんちばしよらすけんが、よかと~?」と報告を受け、あわててテラスへ向かい処理する。
猫のフードばっかり食べていたのでものすごいものがあった。。


帰りの新幹線

帰りはまた私と妹で電車の旅になるため、最寄りの駅JR羽犬塚駅よりまた手荷物の申請をする。JRの在来線から新幹線に乗り換えでも、JR圏内なので新大阪まで手荷物切符一枚で済んだ。窓口の人は気配を察したのか「ペットですか?」と聞いてきて、そうですと言うと、新大阪で発行された普通の手回り品切符とは違い、犬の絵付きで、マナーを守りましょうなどの注意書きが書かれた「ペットカード」という切符を発行された。


放心うらら

夜9時すぎにやっとこさ帰宅。
2日半の強行軍の間、一度も吠えなかったうー。
家に帰ったとたん崩れるように眠りこけるうー。
焼き鳥でお腹ぽんぽこりんのうー。
当然夜飯抜き。


なんだかんだでばあちゃんは元気です。
帰りぎわ、また泣き顔で「よくきたね。またね。ばいばいね。」と言ってうららをナデナデしてくれました。
この記事のURL | | comments(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。