<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
おむつのおひめさま(犬)
犬は生理前になるとトイレ外しを頻繁にするようになるという記事を目にした。
うららも生後10ヶ月を越し、そろそろ「あの日」を迎えることになるだろうと思い、
度重なるトイレ外しも大目に見ていた。
お尻は見ている方がひりひりするくらいに赤くただれて膨れており、
ゴマ粒みたいだった乳首が米粒ほどの大きさになっていた。
なんだか元気がないので、うららの両足を私の片腿に跨がせて
顔を私の胸元に寄せる抱き方でしばらくポンポンと身体をなでたりしていたところ、
腿にニュルッと生暖かいものを感じ、見たところ1cmくらいのシミをみつけた。
それはすんごい臭かった。
黒いズボンだったのでそれがオリものなのか血液なのかはわからないまま。
翌日の8月18日の朝、母から電話があり、寝床のタオルの上に血の跡があったと報告された。
うららちゃん初潮をお迎えあそばしました。

実家へおむつを持ってかけつけると、幽閉されたケージの中で
2本足で立ち地団駄踏みいつもの「おかえりダンス」を披露してくれるうらら。
ケージに近寄って見ると、せわしなく動く足の間から スッタン、スッタン、と
血液が落ちていた。
これではだっこもしてやれない。
でも私の来訪を全身で喜ぶ愛犬になにかスキンシップをとってやらなければ。
とりあえず「ガシッ!」と頭を両手で掴んでみた。

フレブルの頭は真ん丸で漬け物石
ちょうど良い感じだなぁなどとぼんやり感じる私。
2本足で立ったまま頭を掴まれて、じっと私を見る犬。
ハタから見るとかなり変な光景であった事でしょう。

さっそくおむつをつけてやり、幽閉を解き放ったが、
初潮に戸惑う乙女らしく一日目は微妙にしんなりしておられたうらら嬢。
犬用おむつは割高で、尻尾用の穴はフレンチには全く意味をなさない。
それどころか、尻尾の穴から血液がもれる事もあるので、試行錯誤の結果、
おむつカバーに人間用の生理ナプキンをあてるだけになった。
人間の赤ちゃん用の紙おむつも物色していたのだが、最近は柄入りで
めちゃくちゃ可愛いのが沢山ある事を初めて知った。
女の子用なんかプリンセスバージョン的なものがあり、
次回はぜひこれをうららに使ってみたいと思う。

初潮に憂うプリンセスうららですがお約束のお赤飯はしっかり平らげておりました。


unadare.jpg
う「おとたん、うーは今日なぜかとてもだるいからお腹さすさすして。」
私「うー、何してんの、ごはんやでー。」

kat.jpg
う「なんですと!?」 

sekihan.jpg
マテの構えで赤飯にロックオン! (全然待ててないし)

okawari.jpg
お皿ぴかぴか。「おいしかった。おかわり。」 「今ので全部やから。」

robi.jpg
イライラしておもちゃに八つ当たり

sabisiiu1.jpg
夜は寝床でスネモードに突入
「なんかさびしいわ。おもちゃも取りあげられたし。もしかしてうーはもらわれっ子なんちゃう。」
おめでとう、うーちゃん。大人になったね。
身体だけ。

この記事のURL | | comments(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。