<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
カツオブシのお粥
うららの突然の体調悪化のため、いつもは往診してもらっている病院へカーナビを頼
りながら初めて訪問した。
病院では年配の院長先生が待機しており、昨日往診に来てくれた若い獣医も居た。
いつものかかりつけの先生はその日もお休みらしく、どうやら今回は院長に診察して
もらうようだ。
院長は開口一番「ちょっとは元気になったか~?でもこれ絶対なんか変なもん食べた
んでっせ。」と言いながら
いきなり大きな注射をうららの首に2本ブスブスッと刺した。
「人間やったら血便ゆうたらもう今頃救急車で運ばれて大変やけどね~その点犬は難
しないんですわ~」
不安になっている私らを安心させる為なのか何なのかわからないが、サバサバとした
口調で続ける院長。
院長によると、犬の血便は腸が炎症を起こしてよく出るものなので、人間の場合と違
いそんなに心配しなくてもいいものらしい。
どちらかというと激しい吐き気のほうが体力を消耗させるし犬も辛いので早急に止め
る必要があるとの事。
「昨日の夜はもちろん何も食べさせてないんですが、今日はどうしましょう。」と聞
くと、
「欲しがるようなら、冷やご飯をお粥にしたものにカツオブシでもまぶして与えとい
て。吐くかどうかを調べるために与えるんやからほんのちょーっとでいい。
野菜は消化しにくいからしばらくあげないように。ま、2、3日食べなくても犬は平気
やから。」と言われた。
確かにそんなものなのかもしれないが、ごはんにカツオブシって、ものすごいベタで
シンプルな処方やなぁと可笑しく思いながら、
「頂いているお薬はやっぱり餌に混ぜるのがいいんですか、粉薬を餌に入れると察し
て食べるのを嫌がったり、錠剤は薬だけ器用に吐き出したりするんで結構苦労するん
ですが。」と聞くと
「簡単簡単、こうやってな、口を手でこじ開け…」
前歯を強引にこじ開けようとする院長に抵抗し歯をくいしばるうらら。
「…、おっ?コイツ強情なやっちゃな。くいしばっとる。…あいたた!噛みよった、
コラ!」
ポカッ!
院長に頭をはたかれるうらら。
院内に小さな衝撃と短い沈黙が走る。
うららを保定していた若い獣医は、ヒヤヒヤした顔つきでうららの顔を撫でまくりだ
した。
あれは心の中で絶対「ごめんなさい、うちの院長がこんなんでごめんなさい。」と言っ
てる。
「動物のお医者さん」という漫画の主人公ハムテルに似た若い獣医の悲愴な顔に免じ
て何ごとも無かった事にした。
「(うちの犬が噛んで)すみません大丈夫ですか」と沈黙を破りとりあえず言う母。
「いやいや大丈夫はははは。」照れ笑いしながら
「これあげるから薬を水で薄めて使って」と院長は注射器の形をした給餌器をポイッ
とくれた。
粉薬はそれを使うとして、錠剤のほうはどうすんねん。

まぁとりあえず聞いてみただけだし、薬は飲まなけりゃ
口の中に手を突っ込んで上を向かせてたらイヤでも飲むのはわかっていたからいいんだけども。。
「なんだかなぁ~。でも犬が元気になればそれで。。」と無理から自分を納得させて
獣医を噛んだ犬をナデコナデコしながら車に乗せて病院を後にした。

後でネットなどで調べると、白米のお粥はなによりの下痢止めになるという記述を見
つけた。
便の検査やレントゲンの打診もなく、触診もしない院長のサバサバ診療に少々疑問は
あったものの、言っている事に間違いはないらしい。
初日に来てくれた若い見習い獣医さんも言っていたが、病院によっては検査などを細
かくする所もあるけど、
お金も時間もかかるし、結局原因がわからない事も多いから一概にどうするのが良い
とは確かに言えないだろう。
高価なドッグフードや処方食をむやみに買わせる病院もあるという事だし、
獣医選びは一長一短でなかなか飼い主の気持ちに添うところは見つけられないのが現状。
今回はとりあえずの処置に間違いはなかったようだし、
休日の往診もして頂けたのは何よりだったと思う。


うららはその後院長の言うカツオブシのお粥をよく食べて元気になった。
ただ、丸2日経ってもウン○を全くしないのが気掛かりだった。
また下痢便噴出か?それとも今度は便秘?
元気に駆け回ってはいても、ウン○を見るまで安心は出来ない。
カツオブシお粥の効果はいかに!?

そして三日後の朝、うららは閉じ込められたケージ内のトイレトレーの上で
ご褒美のボーロ1個をもらうためにふんばり続け、
やっとこさ5cm程の小さな細~いウン○を2本ひり出した。
やったやった~!エライエライ!と褒めちぎる私と母。ほめられて喜び腹を出すうら
ら。
便の固さを調べるため、トイレトレーをケージから引き出し、
小さな小さな形のある2本のうん○を凝視しながら母は言った。

「なんかこれ宝物みたいに見えるわ。」



200610160033000.jpg
大丈夫なのか何なのかわからない寝顔を見守り続ける夜が続いた。


200609232154000.jpg
もうすっかり元気です。お粥大好きになりました。




この記事のURL | | comments(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。