<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
退職祝い
今年の夏、69才になる私の父がやっとこさ退職をする事を決意した。
ホントは一昨年あたりに、ここらでもう辞めようか?という感じになり、長年のお勤めが急に無くなったらボケるかも…何か生き甲斐をみつけてやらなければ…あ、そうだ、犬だ、犬を飼ってもらおう、と、私の「犬を迎える」という熱意に拍車がかかった訳だが、結局うららが家に来てその後、なんだかんだで退職はうやむやになってしまい、うららは毎朝仕事に出かけるおとたんをお見送りし、帰宅にはとびきりのお帰りダンスでお迎えを続け、父を喜ばせてくれていた。

常に働く事が生き甲斐だった父の決断。
私と妹は、父と母に心からの感謝のしるしとして、何か記念に残るイベントを計画する事にした。
2年前とは違い、犬のうららはもうすっかりうちの家族になっており、やはり犬も参加できるものがいいだろうなぁと考えてはいたのだが…。
まぁ~、大阪には、年寄りが個室で豪勢な食事を犬同伴で楽しめる所は見事に皆無。

さんざ考えて結局「てっちり食べまくり&夫婦でザ・リッツカールトンスイートルーム一泊。
そしてうららはお留守番。」に落ち着いてしまう。



うーはおるすばんだよ~。
おるすばん



退職した次の日の夕方、4人で出かける準備をしていると、おでかけを察知したうららが急に落ち着きがなくなり、皆の足元をうろちょろうろちょろしてせわしない。
母が父の着替えを旅行カバンに入れていると、その上からカバンの中に自ら入るうらら。
「いやっ!うーちゃん!お父さんの下着が汚れるから乗らんとって!」と母に怒られるも、キャリーバッグ訓練の思わぬ弊害か(カバンの中に入っていればちゃんと連れて行ってもらえるはず)と認識してしまっているらしく、カバンの口から首を出して、こちらを凝視しつつガンとして動かないうらら。
ちょっと可哀想になってきたが、ややこしいのでカバン犬はそのままにしてそれぞれの準備を続ける事にした。

準備も終わり、うららには「おるすばんだよ」とシッカリ言い聞かせるが、声にならない悲痛な声を出し、「ウァホッ!ウヒャホッ!ハヒャッ!ウワォオオオン(うーも行く~うーも行くの~~!)」と興奮しまくって必死で一緒に部屋を出ようとするので、なかなか出発する事ができない。
扉のところでうーを制止し、すなぎもジャーキーを節分の豆まき状態で部屋の奥にばらまき、ジャーキーに釣られてうららが走っていったスキに速攻扉を閉めた。あまりやりたくない手法だがしょうがない。条件反射的にジャーキーに反応したうららだったが、扉の音を聞くと「ああっ!」って感じで引き返してきていた。玄関から見ると、扉のスリガラスから大きな耳がぼんやりと映っていた。「くぅ~~~ん、きゅ~~~~ん。。」と鳴き声が聞こえるが、心を鬼にして玄関の戸を閉める。
「ごめんなうーぼん、ホテル、犬、あかんねんわ。すぐ帰るからね(大嘘)。」

父の車で梅田のリッツカールトンに4人で向かう。
とりあえずホテルの入口に車を横付けし、駆け寄ってきたドアマンに「駐車場はどこ?」と聞く父。
「お泊まりですか?」と聞かれたので、そうだと答えると、「駐車場はセルフのものが外にもありますが、こちらでお預かりする事もできます。」との事。父はすぐさま「ふーん、ほんじゃぁ、そうしてもらおっかな。」と答え、わらわらと4人で車を降りる事になった。
リッツカールトンには、入口でエンジンかけたまま車を降り、あとはドアマンに任せてホテルイン出来るこの「バレーパーキング」なるものがあるとは聞いていたが、すんなりそんな事になるとは思わなかったので絶句する私と妹。そしてバレーパーキングの車はほとんど入口付近に停められており、ここはヤナセのショールームか?と見違う光景が広がっていた。
何の準備もなくいきなり車を降りる事になったため、急いで荷物を出したりしていたのだが、母がハンガーにかけたままのジャケットを車から出しているのが目の端に映り、ちょっと気になった。
ロビーに入ったとたん、そのただならぬ重厚感に戸惑いを感じたのか、「こっ、ここなんていうとこやった?」と私に聞きながら、気もそぞろにハンガーからジャケットを外し、なぜかハンガーを私に手渡す母。
ハンガーだけ渡されても。リッツカールトンのロビーで。


しかも青いハリガネ製。


チェックインがちょっと手間取っているらしいので、父母にはロビー奥のソファにでも座っていてもらおうと、
青いハリガネハンガーを持ったまま、ソファのある所に案内する私。
間もなく妹と荷物運びのお兄さんんがやってきて、やっとエレベータで部屋へ移動する。

一応父と母には高級ホテルに泊まるという事は伝えてあったのだが、高級ホテルステイなど経験の無い両親、ホテルのただならぬ重厚感にすっかり気押されていたようだ。
私達姉妹も一緒に部屋へ行き、ちゃっかりウェルカムドリンクなんかももらっちゃったりして、部屋の使い方等を説明して回る。
放っとくと母がバスローブまで持って帰ってきてしまう恐れがあるためアメニティ関連の説明は念入りに。


てっちり

その後、新地に向かい、父の大好物「てっちり」をこれまた4人で堪能。
父はあまり食に執着のないタイプだが、てっちりだけは、食べながら涙を流すほどに好きなのだった。

20070917134334.jpg

てっちりを堪能しまくった後、ホテルに戻り、用意をしてもらっていたシャンパンで乾杯。
記念日という事を伝えると、ホテル側からフルーツのプレゼントをして頂き感動。


夜もふけてきたので、私と妹はうーの待つ家へと電車で帰る。
帰る途中、梅田駅の改札を通る時、お留守番のうららの事を急に思い出したのか、いきなり「うーこぼ。。」と呟く妹。超意味不明。
いねむり

ふっ、と可哀想に思ったのだろうか。どうせずっと寝ているにきまっているだのに。

うららは基本的に外でうんこをする事が出来ないので、お出かけ前には必ずさせてから行くようにしている為、留守番をさせると、「うんこしたら連れて行ってくれる」と思うのか、大抵おトイレにうんこをして待っている。
この日の深夜、私と妹が帰ると素晴らしいテンションでのお帰りダンスを披露してくれた訳だが、おトイレには3回分とも思えるほどの量のうんこが盛られていた。その大量のブツを見ているとなんだかとても不憫になり、翌日のお迎えにはうららも一緒に連れて行ってあげる事にした。

次の日、12時のチェックアウトにあわせ、うららを連れて梅田へタクシーで向かい、
両親をお迎えする。ホテルには犬は入れないので、妹がチェックアウトの手続きをする間、私とうーはホテル横のビルのテラスで待機する。
待つうー

「まだかなぁ。」

出口から出て来た母を見るやいなや、カートから飛び出して母のもとへ駆け寄るうらら。
車を出して出口で待っていた父も「おお!うーたん!」と嬉しそうに走ってきたうららを抱っこする。
てっちりの旨さも高級ホテルでのくつろぎも吹っ飛ぶくらい、それが両親には一番嬉しい事だったかもしれない。犬を飼って本当に良かったとつくづく思った。

せっかく梅田に出て来たので、近くにある犬同伴OKのお店でランチを食べる事にする。
カフェ プレイズナイス

カフェ

ここは犬も入れてもらえるけれど、ドッグカフェではないので、基本犬メニューはない。(水はくれる)が、お店の方々も犬がお好きなようで、とても親切にしていただき、犬の写真を撮って飾ってくれるので記念日にぴったりだった。

そわそわうー

人間が昼飯を食べている間、おこぼれをもらおうと必死で立ち回るうららだったが、
誰にも何ももらえず、気が付くと、

すねうー

こんな事になり

ぶりぶりうー

帰る頃にはこんなんなった。


少々自己中に育ってしまった感があるのは否めないが、
うららのおかげで、とっても楽しい退職祝いの記念となった。


そして現在、父は早朝5時からうららの散歩に励む毎日。
そしてうららは父のストーカーと化している。
無理から

この記事のURL | | comments(15) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
プププププ(笑)
リッツ・カールトンにお泊り+てっちり三昧とは、なんとも優しき姉妹ですねv-25
ただ、美味しい河豚をつつくご両親の画も、リッツの豪華なお部屋も、留守番中のうーちゃんの切り抜き画像によって爆笑の渦に・・・ひゃひゃひゃ
それじゃ、卒業式に休んじゃった生徒みたいじゃないですかー(苦笑)
あーもう、そわそわするうーちゃん可愛いわ~
うーちゃんにとっては、やっぱりお家でお父様の膝の上が一番なようですねv-238
いや、それにしても(笑)うーちゃんが「うーも行くの!」と叫ぶ様子を詳細に再現してくださってありがとうございます(爆)モロ現場が目に浮かびます。フフフフ
2007/10/16 14:19  | URL | みかん #V1rogjt.[ 編集/削除]
みかんさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。v-254

お身体の具合はいかがですか。
ちょっとドキドキしていました。散らせて良かったですね。
しばらくお大事になさってください。

今回のお留守番うららの○枠は、まさにみかんさんがおっしゃっている通り、卒業写真の欠席者のイメージで作成したんですよ~。
家族のイベントに際し、諸事情(犬事情)により欠席のうらら、という事で。(笑)

幼犬の頃から、父だけはしょっちゅう膝の上に載せて可愛がっていたからだと思うんですけど、うららは父の膝の上が大好きで、今や自ら膝に乗りに行くのは父の膝だけです。おそらく父の事を人間ではなく大好きなクッションみたいに思っているのだと思います。うららが常に自分の後追いをするので父はとても喜んでいますけど、犬的にはつまり自分より父を下だと思っているという事なんじゃないかと。(曝) フレンチは結構力の強い犬なので、いざという時にちゃんとコマンドが効く人間が必要なんですけどね~。父も母もうららの事は孫かわいがり状態なのでしょうがないですね。たまに私(鬼)がうららの前にたちはだかっております。(笑)
「うーも行くの~!」状態の時は、扉を我先に出ようとするので、犬が足にまとわりつくような感じでよくこちらがつまずきます。踏みそうになる(まぁ実際踏んでいる)ので大変危険です。扉前でサッカーのゴールを阻止するような感じです。そのせわしなさを思い浮かべてまた思いっきり笑っていただければ嬉しいです。v-19
2007/10/17 10:49  | URL | ちちん(きる) #SFo5/nok[ 編集/削除]
好日
うーちゃん、確かに卒業写真の休んだ人の枠にハマっていますね!(爆)
ウンチをドッチャリ出していれば、皆の所へ行けるとばかりに、3回分くらいのスゴい量を出し切ったうーちゃん。
その無垢な心が、可愛くて切ないでゅす!

そして、お父様の退職ですか、それはもう長年の労を報いる為のお祝いしかありませんよね。おめでたい事でゅす。
そして、ハンガー(しかも針金のやつ!)を持ったまま、ホテルのロビーでチェックインを済ませたきるさん…。かぶだよし、現代風小津映画を観ているような、ほのぼのした気分になりましたよ~。
ご両親はさぞ、嬉しかった事でしょうね~♪
きるさんの親戚の方といい、ご両親や妹さんといい、暖かいですおね~。
時々、九州のおばあちゃんのお話を思い出しては、ほのぼのとした気分を味わせてもらっています。(笑)
うーちゃんも家族の一員として、退職後のお父様の善きパートナーとして、大活躍でゅすね~♪
2007/10/18 08:18  | URL | かぶだよし #LWIOhipc[ 編集/削除]

きるさんのお父さんはもっとお若いのかと思っていました、69才まで現役とはすごいです。それにきるさんと妹さんが退職をお祝いしたこと、いいなぁと私もほのぼのした気持ちになりました。てっちりの美味しそうな湯気がつたわって来ましたよ。
お父さんの膝にのるうーちゃん、可愛い、特にあのお尻と後ろ足が。きっと重い重いと言いながらもお父さんは可愛くてしかたないのでしょうね。
2007/10/18 10:16  | URL | すずあき #NqNw5XB.[ 編集/削除]
小川さん
度々すみまそん!
バッハの好きなきるさんへ
こでを教えるのを忘れていました!
ジャックルーシェトリオだす。
これが崩れててユルくていいんですよ~~♪
http://jp.youtube.com/watch?v=jQyWUGyM6_4
ハズしていたら、ごめんなさい。
2007/10/18 18:18  | URL | かぶだよし #LWIOhipc[ 編集/削除]
かぶだよしさんへ
こんにちは~。本日また長文コメを投稿してしまいました。
ログを重くしてしまっていつもごめんなさい。(平謝)

私もちょ~っとだけフォトショップを使うのですけど、
○枠作るだけでものすごく大変な思いをしました。(あんなんで)
かぶだよしさんの神業的フォトショワークにはいつも感嘆させていただいておりまして、私もフィルターとかちゃんと勉強して サクサク使いこなしていかないとと思うのですが、元来怠け者でなかなか。。頑張ってプリキュアうららのコラくらい作れるようになりたいものです。

無垢でせつない。。犬は皆そうですね。その姿には涙を禁じえませんが、3回分のウンチ見た時には正直もうアホかと。(爆)
最後のほうはもうミミズみたいになってましてね。そないなるまでしぼり出さんでもと。さすがに3回目の時にはもううんちしても帰ってこないと気づけと。(爆爆爆) そのアホさがもうたまらん可愛いですね~。

ハンガーはものすごくはずかしかったですよ。。母はものすごく舞い上がってまして、エレベーターでジーンズ履いた若い男性客を見て、あとで「あの人ジーパンで来てはるやん。ぷぷぷぷ」ってホッとしたみたいに笑ってました。その人の靴はLVのバックル付き、つまりルイ・ヴィトンの靴だったのだと教えると、固まってました。
そんな珍家族に小津の称号を頂けますか。もったいのうございます。どっちかというと現代版「駅前シリーズ」って感が。

かぶだよしさんに誉めていただいたので、これからも「ほのぼの珍家族」シリーズを綴って行きたいと思います。
コメント頂きましてどうもありがとうございます。今後ともなにとぞよろしくおつき合いくださいませ。







2007/10/19 17:08  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
すずあきさんへ
こんにちは。いらっしゃってくださって嬉しいです~。
色々とお世話をおかけしますけれども、今後とも何卒よろしくお願い致します。

うちの父は若そうでしたか?(笑)7才年下の母のおかげか、69才のわりには若いとよく言われるらしいです。 家族としては、はやく仕事を辞めて第2の人生に切り替えてほしいと思っていたのですが、父的にはやはり今まで築いてきた世界を捨てられずにずるずると、という感じで。たくさんの人から必要とされる環境が、急に無くなって、気落ちしてしまわないかが少々心配で、その隙間をうららが上手く埋めてくれたらなと願っています。

最後の写真、膝に乗れてませんでしょう。(笑)いつもあんな調子です。来たばっかりの頃は父が可愛がって膝に乗るクセをつけてしまいました。私は抱き癖がつくからダメと言っていたのに。(怒)小さい頃はまぁよかったのですが、倍の体重になった今、案の定長い時間載せてると腰が痛くなると言うようになりました。邪険にするという訳ではありませんが、父から積極的に抱く事は少なくなってしまったので、うららはいつも父の身体に身を寄せて眠ったり、写真のように無理無理乗っかったりします。あれではうららも体勢的に辛かろうと思うのですが、父のそばにいれたらそれでいいみたいです。
まぁ、なんだかんだ言っても父も母も非常に可愛がってくれるので、私も2年経ってやっとホッとしています。
先日頂いたお洋服、近い内に写真を撮って記事にしますので楽しみにしていて下さい~。

2007/10/19 17:33  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
かぶだよしさんへ その2
こんばんわ~。
ジャズカルテットですね。ウッドベースが渋い~。
私はジャズ好きなので、全然ハズしていませんよ。
そのセンスのよい上質な音にうっとりとしてしまいました。
クラシックの名曲をジャズに仕立てるというのはよく耳にしますが、興味はあっても、どこに手を付けて良いのかわかりませんでした。これ、めっちゃカッコイイですね~。ピアノも好きな音です。
紫煙広がるジャズクラブで、美味しいお酒をくゆらしながらこういうジャズの生演奏を聴くのが夢なんですよ。
かぶだよしさんは生演奏を良く聞きに行かれますか?
私もブルーノートのジャズ演奏でこういうのがあればぜひ一度聞きに行きたいなと思ってはいるのですけど、もうちょっとクラシックの知識を得てからでないと、豚に真珠状態かなぁと。 
いつか来るその日の為にこれからも精進したいと思っております。色々教えて頂いたおかげで、一晩で耳が肥えましたよ。ホントにありがとうございます~!
2007/10/19 18:02  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
かぶだよしさんへ 
読み直して「へ?」ってなりました。すんまそん。訂正です~。
ジャズ<カルテット>って何言ってんだか私。。
ちゃんと見たんか~!ってツッこまれそうです。
すみません。3人トリオです~。 滝に打たれてきます~。
2007/10/19 18:26  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
おめでとうございます~(お染brs風)
お父様ご退職おめでとうございます、長のお勤めお疲れさまでございました。
あんど。ブログのお引っ越しおめでとうございます~♪

あー、もー、いつものことながら一大スペクタクル!
カバン犬うららちゃん、いじらしいのでそのままジッパー閉めて
連れてっちゃいそうです!
磨りガラスに映る耳、てんこもりのうんこ、泣かせますよぉぉ~…。
一晩離れただけなのに鼻水とよだれ最大放出の寂しかったよダンスで
お迎えだったんでしょうねぇ、お父様とお母様の超高級ホテルの一夜の
話題は、うららちゃんがおうちでどうしてるかに尽きたのでは?うふ。

そうそう、お礼が遅くなっちゃいましたが、リンクして下さってどうもありがとうございました。
うららちゃんのバナーも遅まきながら出来ました、お気に召せば幸いです。



2007/10/21 21:54  | URL | ukiki #mQop/nM.[ 編集/削除]
ukikiさんへ
いらっしゃいませ~v-198
リンク貼ってくださりどうもありがとうございます。
こちらこそ長くおつき合いいただければこんなに嬉しい事はありません。
そして父の退職に染風のねぎらいのお言葉をどうもありがとうございます。父、いつもより多めに喜んでおります。(笑)

今回のネタ、そんなに大したことでもないんですが、確かにハリガネハンガーを持ってロビーをうろつくのだけは大スペクタクル級の勇気がいりましたね。。世界中で私だけかも。
カバン犬とお帰りウンチには、飼主的にはいじらしいというよりもう、「この犬にはアホがかなり入っている」と認めざるを得ないというか。
ukikiさん、カバン犬を一度持って帰ってサリーちゃんとどう違うのか比べてみて頂きたいですわ。最近奇行が多いので少々不安です。フレンチって皆そうなら安心できるんですけどねぇ。
うららと違いサリーちゃんは自我の発達した独立心を持つ賢い女の子ってイメージがあります。
お留守番が理解出来ず「うああああぁぁ。」とパニック状態で泣きじゃくるうららの肩に後ろからポンと手を置いて「うららちゃん、ここは大人しく待っとかないと。ほら、私ら、犬だから。」とか諭してくれそうな気がするんですが。(好き勝手な空想)

確かに、うららのいない夜、両親は寂しかったかもしれませんね。寝る前にうららの前足浮かせ寝の写真をメールで添付して送りましたらとても喜んでました。
孫可愛がり状態なので、だんだん我が儘になっていっているようで、これが先々が不安な要因のひとつでもあります。

そして、ふふふ、バナ-頂きました~!(喜)
感謝感激でございます。ありがとうございます!
そして妹と見た瞬間「おっ!ええ感じ~!」と大笑いしました!
いいフォントお持ちですね~。志村の「だいじょぶだぁ」的なゆるゆる感が最高~に素敵です!
気軽にお願いしてしまい、なんだかお手を煩わせてしまってすみませんでした。でもとっても気に入りまして、ぜひこのブログにも貼らせていただきたいと思います。
なにとぞご了承くださいませ。

2007/10/22 15:06  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
小川軒
いや~~、よかったでゅす!
「PLAY BACH」よかったですか?私が聞いていたのは10年以上前なので、色々メンバーなど変わっているのかもしれません。

こでが!いいんですよ~~!
ちょっと、グールドなかんじで鼻歌が歌えますよぉお~~!
クラシックの波形とはまた違った波形が楽しめて、これを聴いてからまたクラシックに戻ると、また違った面が見えて来たりと、陰陽マークのように回しながら楽しめます♪
きるさんのお陰で、サラリーマンNEOをYouTubeで楽しんでいるかぶだよしでした。
2007/10/24 02:46  | URL | かぶだよし #LWIOhipc[ 編集/削除]
かぶだよしさんへ
かぶだよしさんは、イメージで物や音を捉えるタイプの人ですか。私は特にそうみたいで、数字が数字として認識出来ず、形や印象のイメージで憶えるような感じです。なので、数学的な事が非常に苦手というか、例えば物の値段とかでも、「それ、いくらだった?」と聞かれても、「う~ん、なんか2、とか4、みたいな割りの良い優しい数字があったような気がする」というような感じで。もうお話になりません。
音楽を脳波のゆらぎで捉えるような感覚ってそういう感じかな~?とちょっと思いました。数学がとてもご堪能でしたら大変失礼な事ですみません。(汗)

サラリーマンNEO、お気に召されたようで嬉しいです。
小川さんの世界もそうですけど、これもしりあがり入ってますよね? 特に私はサラリーマンですので、もう涙が出るくらい笑いますよ。DVD買ったくらいだから。
セクスィー部長、うちの会社にも居たらいいのに、とか、でも、普段仕事何やっているんだろうか、とか考えると止まりませんね。
川上くんに至っては、もうそのいじらしい頑張りにホロリと来そうになります。特に得意先の宝田明を、馴染みのイタリア料理屋に連れていって接待する話が最高です。
そういえば、最新の美術手帖、しりあがり画伯が「鳥獣戯画」について語っておられますよ~。必見です~。(もう見てる?)

2007/10/25 15:35  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
遅くなりました~(滝汗)
きるさんのお父様、長年のお勤めお疲れ様でございました。第二の人生の門出をお祝い申し上げます。
きるさん、遅くなりましたがリンクどうもありがとうございました♪

いやいやいや、きるさんご一家の心温まるお話を読ませて頂いて荒んでいた気持ちがほっこりしましたよ~^^
お出掛けする準備を察知して、必死に自分も玄関から出ようとする所はウチの黒いのと全く同じです。少しの隙間でもあれば強引に出ようとする、その様子は鬼気迫るものがあります(^^;)
うーちゃんのトイレにてんこ盛りウンチは可愛いじゃないですか♪  あんこなんて若い頃は腹いせに玄関マットの上にウンチを転がしてましたから(>_<)
無理から膝の上に乗る所も一緒だし、どことなくうーちゃんとあんこって似てるかも??と思った私です。
でもうーちゃんはウチみたいに超我が儘にならないようにね(^^;)

ではでは、遅くなりましたが私もリンクさせて頂きましたので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します<(__)>

2007/10/29 11:24  | URL | あんころりん #pcVZRCtU[ 編集/削除]

あんころりんさん、こんにちは!
リンクの件、ご快諾頂きどうもありがとうございました。
あんこちゃんの佇まいにもう目が離せなくなってしまった私。。
ついついご無理を言ってしまい恐縮です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。

父への優しいお言葉、どうもありがとうございます。v-254
まだ調子出てないみたいですけど、これからゆっくり過ごし方のペースを掴んでいくつもりらしいです。とりあえず、どこへ行くにもうららを抱えて移動しているので、子連れ狼状態になってます。

でもあんこちゃんとうちのうららが似ているとは!なんて嬉しいお言葉なんでしょう。そうそう、あれは鬼気迫る、という表現がぴったりですね。ほほ~。あんこちゃんもあんなんなりますか。。(大変ですね)
私などはもう、もしかしてこの犬は置いて行かれると死ぬんかな、と妙な疑念を持ってしまうほどです。で、ちょっとドキドキしながら帰って来たらしぼり出しうんち3回分で。(爆)

あんこちゃん、お留守番時に腹いせって事は、「独りお餡」になってたって事ですね!?なにやら身体から炎(ほむら)が立ちあがるあんこちゃんがおもむろに(確信的に)玄関へ向かいマットの上にあの独特の片足上げで。。ああその状況をビデオを撮って一度見てみたい~~。v-10v-238
あ、うちの黒いのは未だに腹いせをします。部屋のど真ん中に「大・小・そしてゲロ」って3重苦の時がありましてね。飼主が泣きました。
あんこちゃんなら何やっても可愛いキャラとして認識されるけれども、うちのうららは今のところそうはいきませんね。
毎日あんころりんさんの楽しいブログであんこちゃん研究を重ねさせて頂き、うららにも何かキャラ性を見いだしてやらなければ、と思うこの頃です。まぁとりあえず、被りもの系からいっとこかな、と。(笑)

この度はいらして下さり嬉しかったです。
また楽しいお話させていただきに伺いますので、こちらこそどうかよろしくお願い申しあげます。

2007/10/30 12:32  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。