<!-- [FC2 Analyzer] -->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
秋の吉野へ
やっと涼しくなった10月、うららも熱中症の心配なくお出かけができるようになったので、
少し遠出をする事にした。
ちょうど奈良の吉野にある寺で日本最大級の秘仏がこの秋、5日間だけご開帳、という情報を
妹が得てきたので、それを見がてら、奈良までドライブする事に決まった。
ナビゲーションシステムは、到着地まで2時間という値をはじき出したが、
高速の降り口を間違い、リルートの連続、やっと寺のふもとに着いたのは昼も2時を越えていた。
寺に着けば持参したお弁当を広げられる!と腹減り状態でラストスパートに踏み切ろうとしたその時、ご開帳時の混雑を見越してか寺への最短ルートが通行止めである事を規制中の警察官から知らされ、途方にくれる私ら一行。
「もうあきらめてこのまま帰ろうか。」と言い出す父に、
いやいや、ここまで来てそれは出来ない、きっと他のルートがあるはず、と通行人の方に道を聞くと、先の道を迂回して山を越えれば、寺のすぐそばまで車が入れるという事がわかった。
細い山道を恐る恐る走り、なんとかお参りの人々の姿が見える道に出て、
途中の空き地に駐車してそこから15分くらい歩き、とうとう念願のお寺に到着。

金峯山

金峯山寺蔵王堂(国宝)


金剛蔵王権現

金峯山修験本宗 総本山 金峯山寺 本尊 金剛蔵王権現さま
(画像はパンフレットより拝借)

この秘仏は高さが7メートルもあり、中央が釈迦如来、右が観音菩薩、左が弥勒菩薩。
それぞれが、過去、現在、未来を表し、まず、中央の釈迦如来に過去の懺悔を行いお許しを戴いた後、現在と未来への祈りを唱えるものなのだとか。
通常の優しいスタイルとは違い、恐ろしい明王スタイルなのが珍しい。
(そのためか「権現(仮の姿)」という名がつく。)
憤怒の表情ではあるが、真近で見上げると、本来のお慈悲の表情を見る事ができる。
「お前の過去を全て受け入れ、そして赦そう。」と言っていただいているのだなと感じる。
金峯山寺の山号は「国軸山」といい、宇宙の中心の山という意味があるそうだ。
宇宙の中心で、権現様はずっと人々を受け入れ、赦し、願い続けてこられたのだ。

古の修験者たちが、険しい山を分け入り、苦行の後にもなお、
見る事が叶わぬ場合もあったというその尊いお姿を拝する事が出来た事はありがたい。
ドライブがてらのつもりだった父も「いや~、エエモン見せてもらった。値打ちもんやったなぁ~。」
とものすごく俗っぽい感想をもらしていた。


おいてけぼり

ところで、私達が拝観している間、うららはカートに乗って母と外で待っていた訳だが。

憤怒の表情

ずっとカートに乗せられているのがご不満で、
私達がお参りから帰るとものすごい恐い顔で睨んでいた。


駐車場への帰り道、人もまばらになってきたので、うららを歩かせてみる。
通りに軒を列ねるお土産屋さんの人たちが皆、テコテコと歩くうららを珍しそうに眺める。
「それ、なんて犬?」と聞かれたりもして。

行っていい

父が最近教えた「ロングマテ&コイ」を披露。 
なかなか「コイ」と言ってもらえず、しびれを切らして私たちのほうを見るうらら。

走ろう

結局一緒に走っちゃってる父。


帰りもナビのお世話になり、超特急で帰宅。
うららのお誕生日のお祝をする。

二歳の誕生日

2才になりました。おめでとう、そしてありがとう。
うららのおかげで私たち家族の暮らしがより楽しく豊かになった。
犬が居なければ、家族四人で吉野くんだりまで車をとばして仏像を見に行く事はなかっただろう。

20071119143511.jpg

この小さな犬を囲む私たち家族のささやかな幸せが少しでも長く続きますように。




↓↓サリーちゃんの飼主さまであるukikiさんに素敵なバナーを作っていただきました!↓↓


この記事のURL | | comments(8) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS

ああー、ナビに翻弄されるお方がここにも!
リルートで、行くも退くも困難な、とんでもない道を走らされたり
ナビ様のお言いつけ通りにして早く着いたこと、一回も無いです。

うららちゃん、二歳のお誕生日おめでとうございました。
数年前なら体育の日生まれだったのね。
おめでたい日に吉野へご一家でドライブ、それも秘仏鑑賞とは
ありきたりじゃないところが、さすが、きる家。
ずーーーーーーーーっとこんな幸せが続きますようにと、私も陰ながら
お祈り申し上げます♪

私、以前、神戸に三年住んでたんですが…吉野は遠かった。
奈良と飛鳥に行ったところでこちらに転居、とうとう行けずじまいでした。
大仏さんの辺り以外は、商売っけムンムンの京都より落ち着きますねぇ。

金峯山寺、白鴎年間の開山なんですね。
天武天皇とか役行者とか「天上の虹」時代か~、うわー…。
今「日出処の天子」(かぶだよしさんにお借りしました。「鬼」の
感想文まだ書いてません、ごめんなさい)でいっぱいいっぱいなのにー。
って、訳分かんないです、気が遠のいております。
お釈迦様、7mでこの怖面、迫力ありますね、ありがたいと思うより先に
悪うございましたー、お許し下さい~とひれ伏してしまいます。
うららちゃんの憤怒顔には顔がほころびます、鼻の下が伸びます(笑)
しびれを切らしたうららちゃんと、お父様の新テク披露に逸る背中が
好対照ですね~。

近鉄吉野駅近くの、おばあちゃんが一個ずつ作ってるお店の
柿の葉寿司を、吉野フリークの京都の知人に貰ったことがあります。
本物の柿の葉寿司は、鮭しか使わないんだよ~とうんちくを垂れてましたが
香りといい、鮭の〆具合といい、塩梅といい、押し寿司なのに、噛むと
ほどよく崩れ、絶品でした。
あれ以来、名店と言われる物も口にしましたがおばあちゃんのを
越える物には巡り会ってません。
千本桜も見てみたい、幻の吉野…。

バナー、お使いいただけて嬉しいです~♪
2007/11/21 02:13  | URL | ukiki #mQop/nM.[ 編集/削除]

ukikiさん、こんばんは。コメント頂けて嬉しいです~♪
どうもありがとうございます。

ナビ、翻弄されますよね~。ukikiさんの所もそうですか?ホントにあれは便利なんだかどうなんだか。。うちの父はものすごい方向音痴で、カーナビが無かった頃は道順の事で皆の意見が食い違い、父はイライラ、ついには家族喧嘩がぼっ発したりもしたので、知らない場所には足が遠のいてしまっていました。でもナビを使うようになってからは随分気楽にあちこち行けるようになったので、それはありがたい事なのですが、父の運転の場合、横でナビを解釈して指図してあげる「ナビ使い」(ほとんど私)がこれまた必要になりますんで結構大変です。
今年の春に丹後へ行った際には、ナビが指し示す道(明らかに先細になるであろう事が入口から予想出来る山道)の入口に「ナビゲーションシステムがこの道を示しても通れませんので迂回して下さい!」と書かれた大きな看板がありまして爆笑しましたよ。沢山の人が騙されて酷い目に会ったのでしょうね。便利なんだか何なんだか。。(笑)

お誕生日のおことばありがとうございます。2年って早いですよね。
ブリーダーさんの所で子犬がうまれるのを半年待って、やっとすずあきさんの所の小巻ちゃんのママ犬が9月末にお産をしたので、子犬を見に行く日取りの件でブリーダーさんとメールのやり取りをしていました。その2週間後にもう一匹のママ犬が夜中に産気ついて急いで病院に連れて行き無事生まれましたとメールで報告いただいた時の事、10月10日の体育の日、という特別な響きと共に懐かしく思い出します。
サリーちゃんももうすぐ2才ですよね。ukikiさんと私は同じ時期にフレブルの子犬探しをして、それぞれに運命の子と巡り会ったのですね~。感慨深いです。

そして、びっくり!ukikiさん、神戸に住んでおられたとは!
道理で何か関西弁が板についておられるなぁと思ってはいたのですよ!
私も奈良や飛鳥には行ったのですが、吉野はお初でした。
ホントに遠かった。。大阪から奈良の南の吉野へ行くのに、ナビはなんと有料道路で和歌山方面へ一旦下り、ぐいっとUターンしろと言ってました。龍神村まで行ってしまうのかという勢いでした。
修験道というのは日本独自のものらしく、置いてある仏像などにも、京都のものとは全く違う雰囲気がありました。その古さと独自性がなんとも言えず良かったです。寺の参道の土産物屋も京都のきらびやかさとは違う(商売っけムンムンとはまさにその通り!)静かな侘びしさがありました。行けたらいいですね。感受性が非常に優れておられるとお見受けするukikiさんにはぜひお薦めです。
そして、おばあちゃんの柿の葉寿司情報!ああ~、知っていたら買ったのに~!吉野駅の側を通ったのに~!鮭の柿の葉寿司大好きなのに~!もう行くのでいっぱいいっぱいな私たち家族でございました。今度行く事があったら絶対買いますよ!つーかそれ買う為だけに行きたいくらいです。でも桜のシーズンは無理でしょうね。あんな細い道々、混みまくるのが目に見えてます。寿司もすぐ売り切れそう。何よりも吉野の桜は綺麗というより恐いらしいし。。(笑)

「鬼」の感想、ご無理なさらず、ukikiさんの気が向いた時にで結構です。ゆ~っくりと、しかし、期待させて頂いております。v-10

バナ-、ほんまにええ感じです!(感謝です!)

2007/11/21 20:04  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]

おはようございます、ちちんさんv-34
うーちゃんも2歳になりましたか~♪
昨日、街でうーちゃんとオソロイのカートに乗せられたポメラニアン2匹を見ました。
とってもフワフワで可愛くて、写真を撮らせてもらったのですが、帰ってきてPCで開いたら「白目むいて怖い・・・v-39」あのポメちゃんの名誉のために載せないことにしました(苦笑)
うーちゃんと走るお父様、とても楽しそうですね(ある意味うーちゃんより)
うーちゃんが、ちちんさんの家族になって良かったなぁ。
そんな事を、パグとフレブルを連れて散歩してるご夫婦を見ながら、しみじみと想像してる秋です(爆)
うーちゃんがお利口さんに座ってるお座布団は、お父様の定位置ですか?(笑)赤色似合ってますね。さすが女の子だなぁ。
オシャレなお皿でご飯をもらってる姿も可愛いです。
プロフィールの写真のうーちゃんは、タレ耳だったんですね。今はすっかり、ピンっ立った耳がカッコイイ。
健康で長生きして、ちちんさん一家の太陽でいてねv-20
2007/11/24 11:33  | URL | みかん #V1rogjt.[ 編集/削除]

みかんさん、おはようございます~。v-22
いつもコメントありがとうございます。(嬉)

そうなんですよ。あっという間に2歳です。私的にはまだ1年くらいしか経ってないような気分です。ぴぴが亡くなってからうららを迎えるまでの2ヶ月間は泣いて悩んでの繰り返し。ブラックホールに吸い込まれたかのようにそこだけ時間が止まってしまっていました。でもみかんさんとお話をさせて頂いた事でとても気持ちが楽になり、今思えば、そのおかげで犬を迎えるなどというパワーの必要な事をあの状況で決行できたのだなと。うららがうちの子になれたのはみかんさんのお力添えもあっての事だったと思います。本当に心から感謝申しあげます。

ポメ2匹、2匹足してもうららよりも軽いのでしょうね。。
あのキャリー、フワフワのが2匹乗ってると可愛いけど、いかつい黒いのが1匹ドンと乗ってるとホントに子連れ狼みたいなんですよ。(笑)今はバギータイプのが人気らしいですが、あの箱型キャリーはいざと言う時はバッグとして担げるので良いんです。まぁ担ぐと肩がもげそうになりますが。(笑) 
みかんさんはいつもワンちゃんを可愛く撮っておられるのに、たまには失敗も為さるのですね。ポメはとにかくキュートなわんこですから、みかんさんの英断に胸をなでおろしておられる事でしょう(笑)でもちょっと見たいです。私、白目剥いてる犬の写真が好き。うららもよく白目で寝ているので笑いながら写真撮りまくってます。うららのようなブサ犬ならおそらく白目オッケーですよ。

はぁ~、そしてもう父はうららと一心同体になってしまいました。(爆)
どこに行くにも二人は一緒。最近は父がうららを自分の寝床に入れて一緒に眠ったりもしているらしく、母が呆れるほどです。
フレンチブルという犬種は、犬を飼うのが始めての両親にはちと無理だろうか、とちょっと心配していたのですが、うららはとりわけ大人しい犬でして、ブリーダーさんのお薦め通り私どもの環境にはぴったりな犬だったなと。みかんさんがおっしゃってくださったように、うららがうちの子になってくれてよかったと私達家族も思い、そしてうららも感じてくれているといいなと思います。

うーが座っているおざぶは私の定位置ですね~。(爆) 
この日は実家ではなく私の住まいのほうでお祝をしまして、フローリングに台を出して人間達は焼肉大会を致しました。
赤色似合っているでしょうか~~!?
黒い犬に濃い赤をあわせるとパッと見賢そうに見えるような。。飼主の願望がそうさせるのでしょう。

フレンチは生まれた時は皆耳が垂れていまして、成長するとバットイヤー(こうもり耳)と呼ばれる程に耳がピンと大きく立ちます。耳の格好と大きさはスタンダード上大きな意味がありまして、大きい耳の子程耳の立つのが遅くなるので子犬を見る時の目安になりますよ。うららは兄弟達の間ではわりと小さい耳だったらしく、2週間早く生まれたお兄ちゃんたちがまだ耳が立っていない頃、早くも両耳立っちゃっていました。(爆)
プロフィールの写真はブリーダーさんの所で撮られた写真で、生後1ヶ月くらいのものではないかと思います。この頃からもうすでに涙目でした。(笑)

素敵なお言葉ありがとうございます。
みかんさんがインコ達を大切に育てておられる姿を見本にさせて頂きながら、私もうららとの生活をより豊かなものにしてゆきたいと思っています。



2007/11/26 12:31  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
2才のお誕生日おめでとう!
うららちゃんの2才のお誕生祝い、素敵です。かわいいネックレスをしてお座布に座るうららちゃんは、まるでお嬢様、素敵なレディですね。赤い2のろうそくもいいですね、ドーナツのようなお菓子はうららちゃんのデザートかしら。
ロングマテの時に振り返るうららちゃんの姿は何ともかわいい、気持ちはまだですか?で心配しながらじれているのに、両足はしっかり踏ん張って耐えていて、うーちゃんがんばれ、です。
2007/11/28 14:12  | URL | すずあき #-[ 編集/削除]
う~ちゃん、おめでとうございます!
秋の吉野!車で行ける距離が羨ましいでゅす。
金峯山寺蔵王堂…美しいです。
本尊の金剛蔵王権現さまですか? 見応えがありますね~。驚きの憤怒の相!過去も現在も未来も怒られるような気になる像ですね。
しかし、古の修験者さえも滅多に拝見できなかったという秘仏。そのお姿を観る事ができたなんて、すばらしいですね~。
あの時代はコバルトブルーなどは超高級な色のはず!不動明王の赤の炎の色を青に置き換えているところが、怒っているけど許す!みたいな感覚が分かるような気もします。
この御開帳もうーちゃんが居ればこそ、家族で訪れる事ができたのですね~。ありがたい黒い色のうらら菩薩さんですね。
う~ちゃん、早2歳になりましたか?ウチの茶蕪と2ヶ月違いですね。
腰を落とし気味に振り返って「コイって言わないよ~!」な、お顔のう~ちゃんが可愛いですね。お鼻の辺りの白抜き具合が絶妙で可愛いでゅす。
家族でお祝い!う~ちゃんの誕生日!
かぶだよしも、楽しませていただきました~♪


2007/11/29 02:38  | URL | かぶだよし #LWIOhipc[ 編集/削除]

すずあきさん、こんばんは!
お祝のお言葉ありがとうございます。
かなりアップが遅れてしまいましてお恥ずかしい事でございますが、なんとかうららのお祝の様子を皆様に見て頂けてとっても嬉しいです。
今回はちょっと可愛く決めてみました(笑)
ネックレスはお誕生日のプレゼントで、ローマ字でURARAというパーツを付けています。うららは家では首輪を付けないので、お洋服にも合ってちょうどいいかなと。新しいリードと首輪をとも思い、アニマルミュージアムのスワロビーズ付きのかっこいいのに目を付けていたのですが、これがかなり高額なので、やっぱり今回は見送る事にした結果のネックレスです。
数字のロウソクは、確かじゅんこさんの所でうどん君のバースデーに数字ロウソクを使用されていて、それがとっても可愛かったので、わざわざ神戸の北野のケーキ屋まで足を運んで購入いたしました。
ドーナツは犬用のお菓子でチョコレートとかが入っていないものらしいです。とっても固いクッキー状のもので、うららは何でも丸飲みしてしまうので、食べさせるのに苦労しました。(汗)
そんな感じで、かなり犬バカ状態の入った、それでもとっても楽しいお誕生日会となりました。

ロングマテ、父が毎日のように散歩時に練習させているみたいで、今では50メートル以上待つ事ができるようになっています。
こちらに向かって一生懸命走ってくる様子を見ながら、すずあきさんが言ってくださっているように、「うーちゃん、がんばれ、がんばれ!」と言って家族みんなの顔がほころんでます。
2007/11/29 20:45  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]

かぶだよしさん、こんばんは!
お祝いの言葉、ありがとうございます。とても嬉しいです!
ほぉ~、うららはウンコ大明神さまと同い年ですか~。そういえばアレはうららもよく食べてましたね。。私とウンコ取り合いして怒られていつもポロポロ泣いてました。(笑)
茶蕪ちゃんももう2才なら、そろそろ隔離されずに皆と遊べるようになるかもですね。
いつもいつも見ててせつないので、茶蕪ちゃんの事は私、心の中で「せつない王子」と呼ばせていただいておりました。
うららは相手の犬のもたらす空気が読めない天然ですので、茶蕪ちゃんとはうまく遊べるかも~。って、これもせつない期待を持っております。

吉野にあのような極彩色の大仏がおわすと言う事は、関西でも一般的にはあまり知られていなかったと思います。これまでずっと一般には公開されておらず、去年、吉野が世界遺産に認可された記念として一年間ご開帳があったらしいです。今年は5日間だけのご開帳だった訳ですが、それでも訪れる人はまばらで、観光地化してしまった京都や奈良の有名社寺とは全く異なる静かな佇まいでした。
権現様は、一見恐そうですが、足元の畳に正座して真下から見上げると、その力強さに、なんでも願いを聞き入れてくれる、悪いものを祓ってくれる、という頼もしさを見る事ができます。
修験道の仏像というのは、とにかく強そうに、というコンセプトのもとに制作されたらしいです。
そういう意味で、あの極彩色にもなったのでしょうね。おっしゃる通り、ものすごく鮮やかで海のように深くて美しいコバルトブルー、この秘仏が制作されただろう遠い時代へと思いを馳せてしまいました。

ブリンドルという毛色は顔に白が入ると一般的には嫌われるようで、うららはこの顔の白のせいで、たくさん生まれた兄妹達の中で一番お迎えが遅かったのではないかなぁと思っています。
でも、逆に考えれば、ずっと迷ってて、最後の最後にお迎えを決めた(私は女の子ならどの毛色でもよかったので)私の所にやってくるための、縁結びの斑だったのだとも思っています。
アメリカのアニメでおなじみのクマゴロー(ヨギベア)のように鼻面が白いので、うららはフレンチじゃなくてクマみたい、クマみたい、とずっと言っておりましたが、今では無くてはならないうららの可愛い特徴です。かぶだよしさんにもそんなクマゴロー斑を可愛いと言っていただいて、私にとって、こんなに嬉しいことはありません。
2007/11/30 20:42  | URL | きる #SFo5/nok[ 編集/削除]
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。